ロボット開発の沿革

2003年4月7日は、故・手塚治虫の漫画「鉄腕アトム」の誕生日!

その記念すべき日に合わせ、ロボットを発表するため、約18社のIT企業が共同で開発する事になりました。

2003年4月7日 ロボット誕生

様々なスキルを持つ技術者が集結し、日夜努力の末、ロボットが誕生しました。

ロボットには、「モスペンくん」と名付けられます。


その後も改良が続けられ…

様々な販促活動に対応し た、マーケティングロボット モスペンくん2号を発表。 いつしかモスペンくんの開発チームは「モスペン研究所」と呼ばれるよう になりました。

モスペンくん2号で、世界初のロボット派遣を行い、販促、販売店様に特にご好評いただきました。チラシ・ティッシュ配り、アンケート収集、 通行量調査に大活躍! 現在は役目を終え、日本のロボット博物館に殿堂入りとなりました。


モスペンくんの改良は続く…

2006年からはVASDAQ ロボティクス(現:株式会社モスペン研究所)にて、3号機の開発が続けられる。これからも最先端のロボットを創り続けるために…

モスペンくん3号は「合体・変身・改造」のマーケティングロボット!
今後も様々なロボットを開発していきます。